読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

新素材はいつもゴルフクラブで試されている気がする

新製品

f:id:gekiyasukun:20160709080940j:plain

 

ミズノと新エネルギー産業技術総合開発機構(すごい名前!)が、カーボンナノチューブ(CNT)を使ったスポーツ用品向けの新材料を開発しました。


CNTの表面に加工を加え、炭素繊維強化プラスチック内にCNTを均等に混ぜ込んでいるそうです。


衝撃耐久度が従来の炭素繊維強化プラスチックに比べ13%強くなります。

 

2018年に軽量ゴルフクラブを製品化するそうです。
新素材でゴルフクラブのシャフト部分を軽量化すれば、従来のゴルフクラブと同じ重量でヘッドが大きくできる事が可能となり、クラブの設計の自由度が増すとのことです。

 

 

 

ゴルフクラブは、以前のものより格段に軽くなり、ヘッドが大きくなり、反発力が高くなりました。

軽量メタル、カーボン、チタンとゴルフクラブの素材はどんどん進化しています。

 

そして、ゴルフクラブに使われた素材が、自動車や航空機の製造に応用されたりしています。

この、カーボンナノチューブを使った新素材も航空機や自動車の骨格部品への応用を検討していくそうです。

 

新しい素材でできたゴルフクラブって、ものすごく高価です。それでもゴルファーはホイホイ買っていきます。

そうやって普及した新素材が、未来の製品開発に貢献しているんですな。ゴルファーの皆さん、ありがとう!

 

広告を非表示にする