読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

中国企業がサッカーの強豪を買収!

海外の話題

f:id:gekiyasukun:20160420083052p:plain

中国インターネット検索最大手、百度バイドウ)が、サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のACミランを買収する方向で協議を進めている。


総額7億ユーロ(約850億円)を投じ、ACミランの発行済み株式の大半を買い取る方向で交渉中だ。

 


同チームはイタリアを代表する老舗クラブで、日本の本田圭佑選手が所属している。


交渉が順調に進めば、6~8週間以内に買収が決まる。


中国の海外進出が激しくなっている。今年の1月には、中国の不動産大手大連万達集団が、米国のレジェンダリー・エンターテインメントを35億ドル(約4000億円)で買収すると発表している。


サッカー関連では、イギリスのサッカープレミアリーグのマンチェスター・シティの親会社に、メディア投資会社華人文化産業投資基金(CMC)などが核となる投資組合が4億ドルの出資を決めている。


中国ネット通販大手のアリババも、各国で企業買収に動いている。

 

 

習近平国家主席がサッカー好きで知られ、国を挙げてサッカー振興を進めているという。

 

そのうち日本のJリーグにも触手を伸ばしてくるのではないだろうか。

広告を非表示にする