読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

ご紹介!ハウステンボス自動運転バスを導入へ

地方の話題

f:id:gekiyasukun:20160313100844j:plain

長崎県佐世保市にあるテーマパーク、ハウステンボスで、来場者などがテーマパーク内の移動に使えるよう、自動運転技術を導入した全自動運転バスの実験を近く始める。

今年の夏にオープンするロボット王国では人工知能(AI)を活用したアメリカIBMの新型コンピューター「ワトソン」をロボットレストランのロボット店長の教育に活用する。

現在パーク内では来場者の移動のため、無料のバスが決まったルートを走っている。実験で安全性や走行性能を確認し、パーク内のバスを全自動に変えていくという。

 

ハウステンボスでは、これまでに5つの王国を園内に設け、他のテーマパークには見られない独自のテーマで集客している。

ちなみに5つの王国とは
花の王国
光の王国
闇の王国
水の王国
ゲーム王国
健康王国 だ。名前を読んだだけでも行ってみたくなる。

そして、今年の夏に誕生する6つ目の王国がロボット王国だ。

この王国のほかに、園内には「変なホテル」がある。

 

f:id:gekiyasukun:20160313103018j:plain

この「変」は進化し続けるという意味だという。

フロントでは女性ロボットがチェックインや顔認証の方法を説明するが、その横では凶悪な恐竜のロボットがいる。

フロントで手続きを終え、手荷物をポーターロボットに乗せると、客を先導して部屋の前まで運んでくれる。チェックイン前やチェックアウト後に荷物を預けたいときは、ロボットが対応し預けた荷物は自動でロッカーにし収納される。

hりゃの中にもロボットが待機し、「電気を消して」と言えば暗くなる。朝は時間になると「起きてください」と起してくれる。

ホテルのベランダに荷物を届けるドローンの導入も考えているそうだ。

これらが人工知能の「ワトソン」と連携するようになれば、その学習機能で対応できるサービスは広がってくるのだろう。

 

joho.hatenadiary.jp

 

広告を非表示にする