読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

香川大学農学部に今年4月から「うどん学」の講座が開講 さすが香川!

地方の話題

f:id:gekiyasukun:20160303100303j:plain

うどん県宣言して、何かと話題が多くなった香川県です。うどんタクシーにうどん博物館までできて、すっかりうどん県が定着した感があります。

そして、今度は大学で「うどん学」の講座まで作ってしまいました。

香川大学では、今年の4月から農学部3・4年生の選択科目として8月まで15回の「うどん学」の講義を予定しています。農・医学部の教員の他、県内の製麺・製粉会社の経営者らが教壇に立つということです。

麺の科学や栄養学、ゆで汁処理問題に至るまで、うどんに関する幅広い知識を学ぶことができるのだそうです。製麺工場の見学や手打ちうどんの製作実習も盛り込まれています。

先生以外の講義の中には、県産のうどん用小麦「さぬきの夢」を開発した人もいるというから本格的です。

香川大学は、2014年から特色ある地域資源の理解を深めることを目的に「地域資源学シリーズ」を実施しているのだそうです。このシリーズの中で2014年には「オリーブ学」、2015年には「希少糖(いわゆる和三盆)学」を開講し、今回もその一環なのです。

広告を非表示にする