読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

ハゲに朗報!必ず効果のある発毛方法が開発されるかも!

技術開発

f:id:gekiyasukun:20160223091247j:plain

横浜国立大学で、毛髪を生み出す「毛包」と呼ぶ器官を大量に再生する実験にマウスの細胞で成功した。

毛の生え替りにかかわる2種類の幹細胞を混ぜて、培養皿にいくつも設けた小さなくぼみのそこで数日かけて毛包に似た器官に育てた。数百個単位をまとめて作れ、ヒトに応用できれば脱毛症の再生医療に道を開く。

再生した毛包をマウスの皮膚に注射で植え付けると、毛が自然に生えかわった。今後はヒトの細胞でも試す。医学関連の研究者と組み、3年以内の臨床研究を目指す。

脱毛症の再生医療の方法はいろいろある。最近はホルモンの分泌を抑制したり、毛根に直接作用する薬を用いたりするものが比較的効果があるとされていたが、個人差があったり進みすぎた脱毛症には効果が薄かった。

後頭部の毛包を移植する方法もあるが、頭皮に定着しにくかった。

同じ種類の幹細胞を使って毛包を1つずつ作る研究はあった。今回はシリコーンゴム製の培養皿に直径1ミリのくぼみをいくつも作り、大量の幹細胞が互いに接するようにしている。

今後は毛包をシートで回収し、シートごと皮下に移植する治療法も検討するそうだ。

 

 

広告を非表示にする