読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

シャープ ドバイでイチゴ工場を事業化 2016年度下期から

企業

f:id:gekiyasukun:20160204042740j:plain

電機メーカーのシャープは、糖分の高いイチゴを栽培できる植物工場を中東のアラブ首長国連邦のドバイで事業化する。2016年5月ごろから試験的な生産と、商談を始めるという。

中東の市場に出ている日本産のイチゴの相場は1000円以上で、大変な贅沢品。高級レストランの隠しメニューとして出されたりするほど人気が高い。ドバイで流通しているイチゴはアメリカ産が多く、「甘くて美味しい日本産のイチゴが食べたい」「でも高い」というギャップに商機を見出した。

現地の食品スーパーやホテル、飲食店のほか富裕層にも売り込む。シャープとして初めての農業関連の事業化となる。

糖分が増えるように光や空気の環境を制御する独自技術を使う。LEDで光を制御し、プラズマクラスターでカビ菌対策をする。イチゴは繊細で病気にかかりやすいが、同社の技術で対処できる。

流通しているアメリカ産のイチゴの糖度は平均6~7度だが、大阪府立大学や農家の指導のもとで、糖度9~10度のイチゴを栽培できるシステムを開発した。

将来は自社の太陽電池の設置も検討している。

販売価格は1億円程度の予定。

広告を非表示にする