読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞を10倍おもしろく読んでみるブログ

お堅い日経新聞10倍おもしろく読むブログです。コメントは独断と偏見が混じっています。

回転ずし大手のスシローが職人が握る寿司店を出すそうだ

企業

f:id:gekiyasukun:20151114035918p:plain

あきんどスシローは、職人が握るすし店を出すとのことだ。

 

ネタも充実させて、客単価の平均が5千円を想定している。

「七幸の幸 鮨陽」の1号店を16日に東京の中目黒にオープンさせる。

アイルランド産の本マグロ、メキシコ産のブラウンエビなど、回転ずし店では扱いにくい食材もそろえる。

一皿(3~5個)を千円程度で提供する。

スシローでは約50人のすし職人を抱えていて、1号店の状況を見て多店舗化を考えるとのことだ。

 

回転寿司の市場は伸びが鈍化しつつあり、新店で客層を広げる意図がある。

最近は回転ずし店の形態が変化していることを感じていた。職人が握る立ち食いのすし店や、すし以外の料理を出して食べ放題を設定する店などである。

しかし、職人が握るすしをゆっくり食べられるというのは「すしざんまい」くらいしかみあたらない。

個店のように、値段がわからないところで食べるのはちょっと怖いという人に受けるのではないかと思う。

広告を非表示にする